お申込みの前に必ずご確認ください

施設利用の流れ

  1. 空き状況の確認・仮予約(電話・窓口・インターネット仮予約
  2. 「ご利用申込書」のご提出
  3. 施設利用料のお支払い
  4. 打合せ(ホール・ギャラリー・リハーサル室・レセプションルームをご利用のお客様対象)
  5. ご利用日当日
  6. 附属設備利用料などのお支払い

施設利用の受付について

営業時間(窓口・電話)

窓口・お電話での受付は、9時から19時までです。

営業日

施設利用のお申込みは、ご利用日の1年前にあたる月の初日営業日の午後1時(13時)から開始し、休館日(毎週月曜日。ただし、月曜日が祝日の場合は、その翌日以降の最初の平日と年末年始)を除く毎日受付けます。
1年前の初日が休館日にあたる場合は、その月の最初の営業日が受付開始日となります。
(例)平成27年6月1日(月曜日)は休館日のため、翌日の6月2日(火曜日)が、平成28年6月分の受付開始日になります。
ただし、受付開始日の9時から9時30分は「貸館抽選会」にて、施設利用のお申込を一括して受付しています。

貸館抽選会

受付開始日(毎月初営業日)は、午前9時から午前9時30分までの間に施設利用のお申込を一括して受付しています。
申込多数の場合は、抽選を行います。
抽選会終了後の一般受付は13時からです(電話・窓口)

注意貸館抽選会のみ、ご来館が必要です。
注意修繕や保守点検、先行受付などによりご希望の日時がご利用いただけないこともございますので、あらかじめお問い合わせください。

貸館抽選会について詳しくはこちらをご覧ください。

申込先について

お電話などで施設の空き状況をご確認後に仮予約をしていただき、「ご利用申込書」にご記入のうえ、施設利用サービスセンターまでご提出ください。
FAX:059-233-1115/1121、メールアドレス:sisetu@center-mie.or.jpお問い合わせフォームで提出いただけます。

お申込先

施設利用サービスセンター:0120-319489(フリーダイヤル) / 059-233-1114
下見・打ち合わせ予約:059-233-1118

施設利用区分について

施設利用は区分で受付しています。
利用時間は「搬入・準備」「片付け・搬出」等の作業時間を含みます。余裕のある利用時間をご予約ください。

午前区分
午前9時から12時(正午)まで(全施設)
午後区分
午後1時から午後5時まで(全施設)
夜間区分
午後6時から午後10時まで(大ホール・中ホール・小ホール・第1リハーサル室・第2リハーサル室)
午後6時から午後9時まで(上記施設と茶室以外:茶室は午後区分まで)

連続で2区分以上ご利用の場合、区分間は続けてご利用いただけます。
たとえば、午前区分と午後区分をご予約の場合は、午前9時から午後5時まで連続してご利用いただけます。

施設利用の受付期間について

ホール
利用日の1年前にあたる月初営業日から14日前まで
ホール以外
利用日の1年前にあたる月初営業日から利用日当日まで
先行受付
利用日の2年前にあたる月初営業日から一般受付開始(貸館抽選会当日)の3日前まで

先行受付について

以下の基準に該当する事業については、利用日の2年前にあたる月の月初営業日から一般受付開始3日前まで(12月は12月26日まで。なお、受付締切日が休館日にあたる場合は繰り上がります)先行申請の受付をいたします。
電話や窓口にて空き状況をご確認いただき、「利用許可先行受付承認申込書」をご提出ください。
申請承認後、一般受付開始(一年前の月初営業日)の3日前までに本予約をしていただくことが条件になります。

  • 三重県総合文化センター内有料施設を7施設以上(広場、楽屋を除く)利用し、且つ、各施設を3区分以上続けて利用する事業

    「区分」について

    注意上記条件(7施設3区分利用)でのお申込は施設の利用が前提の申込ですので、キャンセルはできません。

  • ギャラリーを5日以上続けて利用する事業
  • 国、県、市町村等の公共機関が主催または共催する広域的な事業。
    広域的な事業とは、中部圏、東海・北陸圏、近畿圏等のブロック圏及び全国規模の事業をいいます。
  • 国、県、市町村等の公共機関が主催または共催する三重県全域にわたる事業であって、次の事項に該当する事業。
     事業の実施時期が固定されており、早期の会場確保の必要性が認められるもの。
     多くの施設を利用するため、他館では会場確保が困難なもの。

施設利用不許可・取消について

ご利用申込書を受理後、センターから利用料の請求書を郵送いたします。利用料は請求書に記載されている期日までにお支払いください。
※期日までに施設利用料をお支払いいただけない場合は、ご利用をお断りすることもございますのでご注意ください。

  • 事業の内容等が公の秩序または善良な風俗を乱す恐れがあると認められるとき、あるいは、施設等を損傷するおそれがあると認められるときは、利用の許可はできません。
  • 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律案77号)第2条第2号に掲げる暴力団の利益になると認められるときは利用許可できません。
  • 許可を受けた利用目的以外にセンターを使用したり、利用の権利を譲渡、転貸することは認めません。そのような事実が判明したり、ご利用申込書に虚偽の記載があった場合は、利用許可を取り消します。
  • 三重県暴力団排除条例第9条の規程に基づき、当施設の利用が暴力団の利益となる疑いがあると認める場合は、使用申請者、使用目的等の情報を三重県警察本部に提供することがあります。

禁止行為について

以下の行為は禁止いたします。

  1. 立ち入り禁止区域や利用許可・承認を受けていない施設への立ち入り。
  2. 火気、危険物、動物、その他施設管理上不適切と認められる物品等の持込み。
  3. ホールにおいて、客席から身を乗り出すなどの身体落下の危険につながる行為や、ほかの来場者等の事故につながる危険な行為。
  4. 指定場所以外での喫煙、飲食。
  5. 避難口および避難通路を塞ぐ行為。
  6. 各施設を破損または汚損する行為。
  7. ゴミおよび持込み物の放置。
  8. 指定車両以外での搬入出。
  9. 利用施設外(広場含む)での物品販売、募金、演説、勧誘、チラシ配布。
  10. ダフ屋行為。
  11. 公序良俗に反する行為。
  12. 指定場所以外での壁、柱、扉等への貼り紙や展示。
  13. 利用施設外(広場含む)に影響のある音量、臭気(悪臭)、振動を発生させる行為。