北九州芸術劇場×三重県文化会館×長久手市文化の家東京デスロック「再生」劇団+三重バージョン作・演出:多田淳之介

「再生」
「再生」(c)bozoo

30分×3回。
同じ演技を3回"再生"し、
演劇界の常識を覆した話題作を、
リクリエーション。

基本情報

開催期間

2022年7月23日(土曜日)~24日(日曜日)

チケット

5月28日(土曜日)発売

開催場所

三重県文化会館 小ホール

会場へのアクセス

主催者

文化会館

サービス情報

みる・きく / 託児あり託児サービス英字プログラム / 日曜のみ託児あり

出演

【劇団バージョン】夏目慎也 佐山和泉 原田つむぎ 松﨑義邦(以上 東京デスロック)            
         岡田智代 波佐谷聡 田中美希恵
【三重バージョン】岡本理沙 川上珠来 日下七海(安住の地) 重実紗果 
         谷川蒼 雛野あき(安住の地) 藤島えり子(room16) 森菜摘(演劇ユニット『あやとり』)

作・演出プロフィール

(c)平岩享

【多田淳之介】
1976年生まれ。神奈川県出身。演出家。東京デスロック主宰。古典から現代戯曲、ダンス、パフォーマンス作品まで幅広く手がけ、現代社会に於ける当事者性をアクチュアルに問い続ける。公共ホールや自治体、フェスティバルなどのアートディレクターを歴任し、全国の学校や文化施設での創作やワークショップ、韓国、東南アジアとの国際共同製作など幅広く活動する。2014年韓国の第50回東亜演劇賞演出賞を外国人として初受賞。東京芸術祭共同ディレクター/ファームディレクター。四国学院大学、女子美術大学非常勤講師。

【東京デスロック】
多田淳之介を中心に 2001年より活動開始。大都市集中型ではない活動を目指し2009年より東京公演休止を宣言。2011年より「地域密着、拠点日本」を宣言し、全国の地域で活動する劇場や劇団とのコラボレーション、ヨーロッパ、アジアでの公演など国内外問わず活動する。韓国の第12言語演劇スタジオとは 2009年以来共作を続け、2014年には『カルメギ』が韓国で最も権威のある東亜演劇賞を受賞。近年では舞台と客席の境目のない体験型の作品も多く、様々な演劇的手法で観客との“現在”の共有を目指している。

詳細情報

日程

7月23日(土曜日) 【三重バージョン】13時開演/【劇団バージョン】17時開演
7月24日(日曜日) 【三重バージョン】13時開演/【劇団バージョン】17時開演

上演予定時間 両バージョンとも約90分
料金

整理番号付自由席

  • 【劇団バージョン】一般3,000円、22歳以下1,500円
  • 【三重バージョン】一般1,000円、22歳以下500円
  • 【セット券】一般3,500円、22歳以下1,800円

劇V.I.P.2022対象

チケット 5月28日(土曜日)10時発売
クレジット
主催
三重県文化会館
備考
  • 三重県のガイドラインにおける「主催イベントの開催基準」に則り開催します。最新の感染症対策についてはご来場前に当館HPをご覧ください。
  • 今後の社会情勢により、やむをえず出演者の変更、および公演を中止または延期する場合がございます。
  • 一部座席を制限して販売する可能性がございます。
  • 未就学児の入場はご遠慮ください。日曜公演のみ託児サービスがございます。
  • 22歳以下券でご入場の際は、年齢の確認できる証明の提示をお願いいたします。
  • 開演後は入場を制限させていただく場合があります。ご来場は余裕をもってお早めにお願いします。

イベントに関するお問い合わせ先

担当部門
三重県文化会館トップページ
電話番号
059-233-1122(チケットカウンター)
所在地
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
三重県総合文化センター 三重県文化会館