TOP

                         

北九州芸術劇場(福岡)、三重県文化会館(三重)、長久手市文化の家(愛知)―地域の演劇文化を支える3つの劇場が、コロナ禍で果敢に挑む大型滞在制作プロジェクトがスタート!!

2006年初演、当時の社会問題であった集団自殺をモチーフにしながら30分の物語を3回繰り返すという特異な構造で、決して再生できない“時間”や今ここにある“生”を克明に描き出した演劇界のエポックメイキング作を5年ぶりの再演+北九州、三重、長久手、それぞれの地域の出演者との現地滞在制作バージョンと同時上演!!!先の見えないまま進み続ける2020年代、それでも生きていく私たちのリアルな時間、リアルな身体がここに在る。

NEWS

  • 募集情報

現地バージョン出演者オーディション開催

北九州 2022年4月2日(土曜日)・3日(日曜日)※終了 北九州芸術劇場WEB
 2022年4月24日(日曜日)※終了 三重県文化会館WEB
長久手 2022年11月12日(土曜日)・13日(日曜日)※募集中 長久手市文化の家WEB

  • 掲載情報

【北九州・津】感想まとめ公開中!

7月9日、10日の北九州公演、7月23日、24日の津公演の感想がご覧いただけます。
劇団+北九州バージョン感想まとめ
劇団+三重バージョン感想まとめ

  • 掲載情報

ステージナタリーにて、劇団+現地バージョンメンバーによる座談会の様子を掲載中!

参加者:
多田淳之介、【劇団Ver.】佐山和泉(東京デスロック)
【北九州Ver.】五島真澄(PUYEY)、平嶋恵璃香(ブルーエゴナク)
【三重Ver.】谷川蒼、森菜摘(演劇ユニット『あやとり』)
ステージナタリーWEB