ロロ「四角い2つのさみしい窓」脚本・演出/三浦直之

ロロ
宣伝イラスト:矢野恵司

注意当公演は、コロナウイルス感染拡大防止のため開催延期となった2020年5月9日・10日の振替公演です。

「透明な防潮堤」から着想を得た再会の物語。

Mニュース134号|コラム掲載

ぴあ|三浦直之インタビュー(2020年)

SPICE|三浦直之インタビュー(2020年)

演劇最強論-ing|三浦直之インタビュー(2020年)

twitterまとめ(2020年徳島・東京公演)

基本情報

開催期間

2021年8月21日(土曜日)~22日(日曜日)

チケット

チケット発売中

チケット発売中

開催場所

三重県文化会館 小ホール

会場へのアクセス

主催者

文化会館

サービス情報

みる・きく / 託児あり託児サービス英字プログラム / 託児は日曜のみ 英字プログラムあり

出演・スタッフ

出演|亀島一徳 篠崎大悟 島田桃子 望月綾乃 森本華
脚本・演出|三浦直之
宣伝イラスト|矢野恵司

あらすじ

海岸沿いに透明な壁が建てられた。その壁を通して眺める海は、いくつもの過去が折り重なってみえるらしい。
たくさんの人たちが壁のもとに集まってくる。目の見えない綱渡り師、透明人間の恋人を探す女性、窓ガラス清掃をする元役者、スノードームをつくる観光客、ミノタウロスとくだんのあいだに生まれた未来のみえないこども。

「私、フチになりたいんだ。麦わら帽子のフチとか、ルパンが盗む絵画の額縁とか、コップのフチ子とか、あと、絶望のフチとか」

今夜、透明な壁で物語が上演される。

三浦直之(脚本・演出)コメント(2020年)

集まることについて考えてる。透明な壁に隔てられて、はなればなれになった人たちが、ふたたび手を繋ぐ瞬間を想像してる。別れと再会は、「集団」と「外」を往復することだ。だけど、いまぼくは集団の「内側」から生まれる別れと再会について考えたいとおもってる。内側で繰り返される別れと再会のなかで、なんども書き換えられ、結び直されていく関係性。それはもしかしたら、出会いながら別れて、別れながら再会していくような、そんな景色なのかもしれない。

プロフィール

ロロ

劇作家・演出家の三浦直之が主宰を務める劇団。2009年結成。古今東西のポップカルチャーをサンプリングしながら既存の関係性から外れた異質な存在のボーイ・ミーツ・ガール=出会いを描き続ける作品が老若男女から支持されている。2015年に始まった『いつ高』シリーズでは高校演劇活性化のための作品制作を行うなど、演劇の射程を広げるべく活動中。
主な作品として『LOVE02』(2012年)、『ハンサムな大悟』(2015年)、『BGM』(2017年)など。『ハンサムな大悟』は第60回岸田國士戯曲賞最終候補ノミネート。2019年三浦が脚本を担当したNHKよるドラマ『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』で第16回コンフィデンスアワード・ドラマ賞脚本賞を受賞。

ロロ公式WEB外部リンク

    詳細情報

    日程

    8月21日(土曜日) 14時開演
    8月22日(日曜日) 14時開演
    ※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前

    上演予定時間 約2時間(休憩なし)
    料金

    整理番号付き自由席

    • 一般 3,000円
    • 25歳以下 1,500円

    劇V.I.P.2021対象

    チケット 7月3日(土曜日)10時発売
    クレジット
    主催
    三重県文化会館
    備考
    • 三重県のガイドラインにおける「主催のイベントの開催基準」に則って開催します。感染症対策についてはご来場前に当館HPをご確認ください。
    • やむをえない事情により、出演者・演目等公演内容が変更になる場合があります。ご了承ください。
    • 未就学児の入場はご遠慮ください。日曜公演のみ託児サービスがございます。
    • 25歳以下券でご入場の際は、年齢の確認できる身分証明証の提示をお願いいたします。
    • 開演後は入場を制限させていただく場合があります。ご来場は余裕をもってお早めにお願いします。
    • 今後の社会情勢により、中止または延期の可能性がございます。

    イベントに関するお問い合わせ先

    担当部門
    三重県文化会館トップページ
    電話番号
    059-233-1122(チケットカウンター)
    所在地
    〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
    三重県総合文化センター 三重県文化会館