劇団こふく劇場第15回公演「ただいま」関連企画 永山智行戯曲講座&リーディング上演「せりふ」書いてみる?そして上演してもらっちゃう?

「ただいま」関連企画

はたして午後の数時間で、「せりふ」は書けるのでしょうか。答えは簡単です。書けます。だってみなさんがふだん家族で、学校で、職場で、親しかったり、そうでなかったりする人たちと交わす「話しことば」、それこそが「せりふ」だから。そうして、せっかくできた「せりふ」は上演しなきゃもったいない。ということで、9月には、劇団こふく劇場の俳優が、みなさんの書いた「せりふ」を演じてみようと思うのです。自分が描いた世界が、舞台に立ち上がる、そんな体験をぜひこの機会にしてみませんか。経験などはまったく問いません。お待ちしています。

戯曲講座

リーディング上演

基本情報

開催期間

2018年8月18日(土曜日)
2018年9月12日(水曜日)

申し込み

申し込み受付中

戯曲講座:事前申込制(2018年8月5日(日曜日)申込締切)
リーディング上演:予約不要

開催場所

戯曲講座:三重県生涯学習センター3階調査研究室 リーディング上演:三重県文化会館小ホール

会場へのアクセス

主催者

文化会館

サービス情報

入場無料 / みる・きく

戯曲講座

講師:永山智行

三浦直之

1967年生れ。劇作家、演出家。劇団こふく劇場代表。2001年『so bad year』で AAF 戯曲賞受賞。同作をはじめ、戯曲は劇団外での上演も多く、地点の演出家・三浦基との共同作業として、『お伽草紙/戯曲』(劇団うりんこ・2010)『Kappa/或小説』(地点・2011)、鳥の劇場の演出家・中島諒人との共同作業としては『古事記は歌ふ』(2014)、『イワンのばか』(原作・トルストイ/2017)の戯曲も担当した。演出家としても、2006年~2016 年、公益財団法人宮崎県立芸術劇場の演劇ディレクターを務め、国内外のカンパニーの招へいや、九州の俳優を集めてのプロデュース公演「演劇・時空の旅シリーズ」の企画・演出などを手がけた。
日程 8月18日(土曜日)14時~18時
会場

三重県生涯学習センター 3F 調査研究室

対象

高校生以上ならどなたでも。経験不問。

参加料
    1000円 ※当日会場にてお支払いください。
定員

10名 ※申込者多数の場合、抽選となります。

申込事項
  1. お名前(ふりがな)
  2. 年齢
  3. 連絡先電話番号
  4. E-mailアドレス
  5. ご住所またはFAX番号(メールアドレスでのご連絡が難しい場合はご記入ください)
  6. 所属団体・学校名(あれば)
  7. 演劇経験の有無
  8. 申込の動機
申込先
申込フォーム
郵送
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
三重県文化会館 永山智行戯曲講座係 宛
ファックス
059-233-1106

注意ファックスで申し込む場合は件名を「永山智行戯曲講座申込」としてください。

申込締切 2018年8月5日(日曜日)必着

リーディング上演

戯曲講座参加者が執筆した作品を永山智行演出、こふく劇場の俳優が出演して上演します!

2018年9月12日(水曜日)19時開演(18時30分開場)
【会場】三重県文化会館小ホール
入場無料※予約不要

イベントに関するお問い合わせ先

担当部門
三重県文化会館トップページ
電話番号
059-233-1122
所在地
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
三重県総合文化センター 三重県文化会館