Mゲキセレクション劇団こふく劇場第15回公演「ただいま」作・演出:永山智行

「ただいま」(2015)
「ただいま」(2015)

宮崎を拠点に活動する劇団こふく劇場。2015年劇団25周年記念公演で巡演され、大絶賛された作品が再演!!

穏やかに日常を暮らす、その普通の人々のかけがえないホームドラマ

姉の夫はひとり暮らし。そんな義兄のすすめで、30歳を前に独り身のあさ子はお見合いをすることになった……
豆腐職人の男、文具店に勤める女、主婦、仕事を探す女、そんな市井の人々の、かけがえない日々の物語。

2015年初演時twitterまとめ

基本情報

開催期間

2018年9月15日(土曜日)~16日(日曜日)

チケット

チケット発売中

チケット発売中

開催場所

三重県文化会館 小ホール

会場へのアクセス

主催者

文化会館

サービス情報

みる・きく / 託児あり託児サービス / 託児は日曜のみ

出演

あべゆう
かみもと千春
濵砂崇浩
大迫紗佑里
(以上、劇団こふく劇場) 
中村幸(劇団ヒロシ軍)

プロフィール

劇団こふく劇場

1990年4月、永山智行らを中心に宮崎県都城市で結成。1996年にこまばアゴラ劇場の大世紀末演劇展に『北へ帰る』で参加以降、活動の範囲を全国へと広げる。一方で1999年からは宮崎県内の二つの町(門川町・三股町)の文化会館のフランチャイズカンパニーとしての活動もはじめ、ワークショップ、小学校巡回公演、町民参加作品の創作など、教育・普及活動の一端を担ってきた。
長年のそれらの活動の積み重ねを経て、2012年より、三股町・三股町教育委員会との共催で、町民が書いた戯曲を町民出演者と九州で活躍する演出家を結び付け上演する「みまた演劇フェスティバル『まちドラ!』」を開始。より地域に根差し地域住民との深い関わりなくしては成し得ない事業を続けるとともに、劇団の作品を全国で上演する活動を積極的に行っている。
また、2007年からは障害者も一俳優として参加する作品づくり(みやざき◎まあるい劇場)をはじめ、質の高さ、活動の社会的な広がり、その両面から高く評価されている。

劇団WEB外部リンク

    詳細情報

    日程

    9月15日(土曜日) 14時開演★終演後トーク有 ゲスト:本坊由華子(世界劇団)
    9月16日(日曜日) 13時開演

    受付開始は開演の60分前、開場は30分前

    上演予定時間 約1時間50分(休憩なし)
    料金

    整理番号付き自由席

    • 一般2,500円(当日3,000円)
    • U25割 1,000円
    • やさい割(前売のみ)2,000円
    • ペア割(前売のみ)4,000円

    劇V.I.P.2018対象

    チケット 7月7日(土曜日)10時発売
    クレジット
    主催
    合同会社こふく劇場
    三重県文化会館
    備考
    • やむをえない事情により、出演者・演目等公演内容が変更になる場合があります。ご了承ください。
    • 未就学児の入場はご遠慮ください。日曜公演のみ託児サービスがございます。
    • U25割(25歳以下)券でご入場の際は、年齢の確認できる証明の提示をお願いいたします。
    • やさい割は、ご家庭で収穫された野菜を上演日にご持参くださる方が対象です。
    • 開演後は入場を制限させていただく場合があります。ご来場は余裕をもってお早めにお願いします。
    • 駐車場が混雑いたします。当日はできるかぎり公共交通機関をご利用ください。

    イベントに関するお問い合わせ先

    担当部門
    三重県文化会館トップページ
    電話番号
    059-233-1122(チケットカウンター)
    所在地
    〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
    三重県総合文化センター 三重県文化会館