東京デスロック+第12言語演劇スタジオ「가모메 カルメギ」原作:アントン・チェーホフ『かもめ』 脚本・演出協力:ソン・ギウン  演出:多田淳之介

カルメギ
「가모메 カルメギ」(2014)KAAT神奈川芸術劇場 (C)石川夕子

韓国内で最も歴史と権威のある東亜演劇賞において作品賞、演出賞、視聴覚デザイン賞を受賞した日韓共同制作作品、『가모메 カルメギ』を4年ぶりに再演!チェーホフ「かもめ」を日韓の歴史という今日複雑かつ繊細な設定に翻案し、日韓俳優共演により上演いたします。
※日韓二ヶ国語上演/日本語字幕付き

関連企画:演劇をつかったコミュニケーションについて体験するワークショップ

東京デスロック主宰/演出家・多田淳之介による、コミュニケーションワークショップ。

基本情報

開催期間

2018年7月13日(金曜日)~15日(日曜日)

チケット

チケット発売中

チケット発売中

開催場所

三重県文化会館 小ホール

会場へのアクセス

主催者

文化会館

サービス情報

みる・きく / 託児あり託児サービス / 日曜のみ託児あり

出演

夏目慎也 
佐山和泉 
佐藤誠 
間野律子 
ソン・ヨジン 
イ・ユンジェ 
クォン・テッキ 
オ・ミンジョン 
マ・ドゥヨン 
チェ・ソヨン 
チョン・スジ 
イ・ガンウク 

プロフィール

東京デスロック

多田淳之介を中心に2001年より活動開始。古典から現代戯曲、小説、詩、ネット上のテキストなど様々な題材から現在を生きる人々をフォーカスしたアクチュアルな劇空間を創造する。2009年より東京公演休止を宣言、2011年度より「地域密着、拠点日本」を宣言。2013年には4年ぶりに東京公演を再開するが東京オリンピック終了(中止)まで再び東京公演を休止。20115月フランス ジュヌヴィリエ国立演劇センターFestival TJCCに招聘。2009 年より韓国ソウルのソン・ギウン氏が主宰する第12 言語演劇スタジオとの共同製作を毎年行い、2013 年にはDoosan ArtCenter と両劇団の共同製作による、1930 年代の日帝時代の朝鮮を背景にした『가모메カルメギ』(原作アントン・チェーホフ「かもめ」/翻案・脚本:ソン・ギウン/演出:多田淳之介)が韓国で最も権威のある東亜演劇賞(第50回)にて作品賞、演出賞、視聴覚デザイン賞を受賞。演出の多田は演出賞を外国人演出家として初受賞するなど、国内外問わず各地にて活動する。

詳細情報

日程

7月13日(金曜日) 18時開演(17時40分開場)
7月14日(土曜日) 14時開演(13時40分開場)
7月15日(日曜日) 14時開演(13時40分開場)

上演予定時間 約140分
料金

整理番号付自由席

  • 一般 3,000円
  • 25歳以下 1,500円

劇V.I.P.2018対象

チケット 5月12日(土曜日)10時発売
クレジット
主催
助成
三重県文化会館
一般財団法人地域創造
文化庁
備考
  • やむをえない事情により、出演者等公演内容が変更になる場合があります。ご了承ください。
  • 未就学児の入場はご遠慮ください。日曜公演のみ託児サービスがございます。
  • 25歳以下券でご入場の際は、年齢の確認できる証明の提示をお願いいたします。
  • 開演後は入場を制限させていただく場合があります。ご来場は余裕をもってお早めにお願いします。
  • 駐車場が混雑いたします。当日はできるかぎり公共交通機関をご利用ください。

イベントに関するお問い合わせ先

担当部門
三重県文化会館トップページ
電話番号
059-233-1122(チケットカウンター)
所在地
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
三重県総合文化センター 三重県文化会館