OiBokkeShi×三重県文化会館 「介護を楽しむ」「明るく老いる」アートプロジェクト老いたら遊ぼう!「老人ハイスクール」老いのプレーパーク 発表公演

オイボッケシ

よりよく老いるヒントは、「遊び」の中にある。
OiBokkeShiの菅原直樹さんと、19~90歳の公募メンバーがお届けする、老いの明るい未来―。

少子高齢化で廃校となった学校が老人ホームとして開業、母校で老後を過ごす個性豊かな老人たち。ルールなし、恋に落ちるもよし、非行に走るもよし。未来がなくても、記憶を失っても、人は青春を生きることができるのか!? 2015年に上演された前代未聞の老人ホーム青春群像劇「老人ハイスクール」が、老いプレメンバーによるショートパフォーマンスも盛り込み、生まれ変わって登場!

基本情報

開催期間

2018年12月22日(土曜日)~23日(日曜祝日)

チケット

チケット発売中

チケット発売中

開催場所

三重県文化会館 小ホール

会場へのアクセス

主催者

文化会館

サービス情報

みる・きく託児サービス / 託児は日曜のみ

老いプレメンバー

池田由美 伊野廣美 井早照彦 今井亜子 近江容子 川本良男 倉田美智子 くるぶし 佐脇柚 鈴木夢眠 
高橋佐代 髙山鎮 辻屋康子 中尾法子 野田啓子 柊木繁雄 前川香代子 松原秀武 松本美由紀 丸井典子 
水谷祐哉 水野慶子 宮村紘実

老いのプレーパークとは

OiBokkeShi×三重県文化会館「介護を楽しむ」「明るく老いる」アートプロジェクトの一環として、「明るく老いる」をテーマに、19~90歳の公募メンバーが集まり、2018年6月から活動開始。遊びやワークショップを通じて、老いの明るい未来を模索します。

OiBokkeShi×三重県文化会館
「介護を楽しむ」「明るく老いる」アートプロジェクトとは

超高齢社会を豊かに生きる
三重県文化会館では、2017年より、岡山で介護に演技を取り入れたワークショップや、高齢者とともに演劇をつくる活動を行っている俳優・介護福祉士の菅原直樹さんをお迎えし、3年間のアートプロジェクトを実施しています。 2017年前期は「介護を楽しむ」をテーマに、県内の介護施設や病院、介護福祉コースのある大学、介護家族の会でワークショップを開催しました。後期は、老若男女さまざまな世代の皆さんと、演劇を通して、もう一つのテーマ「明るく老いる」について考えます。2年目以降は、これらの活動を記録・調査したレポートの発行、演劇作品の製作にも取り組んでいきます。

ファシリテーター プロフィール

菅原直樹(奈義町アート・デザイン・ディレクター)

菅原直樹

「老いと演劇」OiBokkeShi主宰。俳優、介護福祉士。平田オリザが主宰する青年団に俳優として所属。2012年より、家族と共に岡山に移住。介護と演劇の相性の良さを実感し、地域における介護と演劇のあり方を模索している。OiBokkeShiの活動に密着したドキュメンタリー番組「よちにひはくれない~若き“俳優介護士”の挑戦~」(岡山放送OHK)が第24回FNSドキュメンタリー大賞で優秀賞を受賞。2017年には、その活動がNHK「こころの時代」にも取り上げられる。

詳細情報

日程

12月22日(土曜日) 14時開演(13時30分開場)
12月23日(日曜祝日) 14時開演(13時30分開場)
★両日共、終演後にトークあり

【関連企画】
ロビーでは、両日13時より老いプレメンバーの特技を生かした展示やイベントも開催。てんやわんやの老いの学園祭をお楽しみください。

料金

整理番号付自由席

    (前売・当日とも)
  • 一般 1,000円
  • 大学生以下 500円

劇V.I.P.2018対象

チケット 11月3日(土曜日)10時発売
クレジット 主催  三重県文化会館
助成  文化庁、地域創造
備考
  • やむをえない事情により、出演者・演目等公演内容が変更になる場合があります。ご了承ください。
  • 未就学児の入場はご遠慮ください。日曜公演のみ託児サービスがございます。
  • 大学生以下券でご入場の際は、学籍・年齢の確認できる証明の提示をお願いいたします。
  • 開演後は入場を制限させていただく場合があります。ご来場は余裕をもってお早めにお願いします。
  • 駐車場が混雑いたします。当日はできるかぎり公共交通機関をご利用ください。

イベントに関するお問い合わせ先

担当部門
三重県文化会館トップページ
電話番号
059-233-1122(チケットカウンター)
所在地
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
三重県総合文化センター 三重県文化会館