ニュース

・特設サイトが完成しました。(2018年2月2日)
・老いのプレーパークの仲間募集を開始しました。(2018年2月2日)
 3月31日(土曜日)〆切 詳細はこちら


企画趣旨

超高齢社会を豊かに生きる

三重県文化会館では、2017年より、岡山で介護に演技を取り入れたワークショップや、高齢者とともに演劇をつくる活動を行っている俳優・介護福祉士の菅原直樹さんをお迎えし、3年間のアートプロジェクトを実施しています。

2017年前期は「介護を楽しむ」をテーマに、県内の介護施設や病院、介護福祉コースのある大学、介護家族の会でワークショップを開催しました。後期は、老若男女さまざまな世代の皆さんと、演劇を通して、もう一つのテーマ「明るく老いる」について考えます。2年目以降は、これらの活動を記録・調査したレポートの発行、演劇作品の製作にも取り組んでいきます。

直近の活動予定

  • 2018年6月~12月 「老いのプレーパーク」
    会場:三重県総合文化センター内
    12月に三重県文化会館小ホールにて発表イベントを予定