講師紹介

菅原直樹(すがわらなおき)

撮影:草加和輝

劇作家、演出家、俳優、介護福祉士。「老いと演劇」OiBokkeShi(オイボッケシ)主宰。 四国学院大学非常勤講師、美作大学短期大学部非常勤講師。 平田オリザが主宰する青年団に俳優として所属し活動する傍ら、2010年より特別養護老人ホームの介護職員として勤務。 2012年、東日本大震災を機に岡山県に移住。2014年「老いと演劇」OiBokkeShiを岡山県和気町にて設立し、演劇活動を再開。 並行して、認知症ケアに演劇的手法を活用した「老いと演劇のワークショップ」を全国各地で展開。 三重県では、2017年よりOiBokkeShi×三重県文化会館「介護を楽しむ」「明るく老いる」アートプロジェクトに取り組んでいる。 平成30年(第69回)度芸術選奨文部科学大臣賞新人賞(芸術振興部門)を受賞。 平成30年度(第20回)岡山芸術文化賞準グランプリ受賞。奈義町文化功労賞受賞。2019年度(第1回)福武教育文化賞受賞。