青年団監修戯曲アカデミア第5期マスターコース募集《応募資格を拡大しました!!》

戯曲アカデミア5期マスターコース

入門コースのメソッドをもとに、個別指導で中編戯曲を執筆。
完成戯曲のうち優れた作品は、 松井周氏の演出、青年団の俳優によって
三重県文化会館小ホールでリーディング上演されます。

基本情報

開催期間

2022年9月3日(土曜日)~2023年2月5日(日曜日)

申し込み・受付期間

申し込み受付中

8月5日(金曜日)必着

主催者

文化会館

受講生の声

「こんなにも読み込んで、親身なアドバイスをもらえるなんて…」というのが最初の感想でした。毎回松井さんにご指摘いただいて、更にプロの俳優さんに演じていただいて、初めて気づく自分の戯曲の弱点のなんと多いこと!打ちのめされ、糧になる経験が詰まった稀有な講座です。             
                                              私道かぴ(安住の地)
                         第20回AAF戯曲賞最終候補、令和3年度北海道戯曲賞最終候補に選出


独学だった戯曲を一から学びたいと受講。松井先生は、不鮮明な箇所を次々質問して下さる。それに答える内、或いは答えられない内に足りないものが浮彫に。うんうん唸りながらも、気づけば松井マジックにかかり一時間の戯曲が完成。濃密な学びの場です。                                              
                                                   白石栄里子                           
                                    2020年度テアトル・エコー創作戯曲奨励賞                 
                               上演:「街角の童話」第5章(2021)、第6章(2022)


講師プロフィール

松井 周


(c)平岩享

1972年生東京都出身。1996年劇団「青年団」に俳優として入団後、作家・演出家としても活動を開始する。2007年より劇団「サンプル」を旗揚げ。近作に『変半身(かわりみ)』(共同原案:村田沙耶香)、『ビビを見た!』(原作:大海赫)、『神の末っ子アネモネ』(演出:キム・ジョン)、『てにあまる』(演出:柄本明)など。KAATキッズプログラム『さいごの1つ前』(2022年脚本・演出)、彩の国さいたま芸術劇場 ジャンル・クロスII 近藤良平×松井周『導かれるように間違う』(脚本)が控えている。 2011年『自慢の息子』で第55回岸田國士戯曲賞を受賞。

日 程

講座①~⑤ 14時00分 から 17時00分
①9月3日(土曜日)三重県総合文化センター内      
②10月1日(土曜日)Zoom
③12月3日(土曜日)Zoom       
④2023年1月8日(日曜日)Zoom       
⑤2023年1月22日(日曜日)三重県総合文化センター内         
※②~④はZoom を使用し、オンラインにて開催します。       

リハーサル・公開リーデイング 終日       
2023年2月4日(土曜日)・5日(日曜日) 三重県文化会館 小ホール 

会 場

三重県総合文化センター内

定 員

若干名

対 象

いずれかに該当する方。そのうえで戯曲を提出していただき、選考を行います。
原則、上記の全日程に参加いただける方が対象です。

・過去の戯曲アカデミア入門コース修了生
・【NEW】既に劇作に取り組み、レベルアップを目指す方(入門コース未受講可)

受講料 一般 20,000円
30歳以下 10,000円
申込方法

申込用紙にご記入の上、下記いずれかの申込先へ提出してください。

申込用紙(pdf形式)

申込用紙(word形式)

申込先
郵送
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
三重県文化会館 戯曲アカデミア係 宛
E-mail
kenbun@center-mie.or.jp

注意E-mailで申し込む場合は件名を「戯曲アカデミア申込」としてください。

申込締切
      8月5日(金曜日)必着

注意書類選考のうえ、8月14日(日曜日)までに選考結果をメールにてお送りいたします。

クレジット
主催
三重県文化会館
監修
青年団

募集に関するお問い合わせ先

担当部門
三重県文化会館トップページ
電話番号
059-233-1122(チケットカウンター)
所在地
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
三重県総合文化センター 三重県文化会館