ドリーム夢街道★夏祭り巡業2022さんぴん『ALL TIME HERO’S 〜東西南北プチョヘンザッ!!〜』

2022さんぴん

板橋駿谷(ロロ)、北尾亘(Baobab)、永島敬三(柿喰う客)、福原冠(範宙遊泳)による、4人のダンサーと俳優によって結成された旅芸人チームさんぴんが登場!

三重を巡り取材した人生のエピソードを集めひとつの人生を紡ぎ出します。

 6月17日公開!さんぴん特別映像

さんぴんラップ口上(外部リンクYouTube)外部リンク

基本情報

開催期間

2022年8月27日(土曜日)~28日(日曜日)

チケット

チケット発売中

チケット発売中

開催場所

三重県文化会館 小ホール

会場へのアクセス

主催者

文化会館

サービス情報

みる・きく

出演

板橋駿谷(ロロ)
北尾亘(Baobab)
永島敬三(柿喰う客)
福原冠(範宙遊泳)

プレイベント
さんぴん稽古見学&ワークショップ開催!

公演に先駆けて、さんぴんの4人によるワークショップを開催‼
それぞれがそれぞれのフィールドで培った経験を活かしたワークショップに加え、さんぴんの稽古場も公開。稽古場公開だけでもお気軽にご参加ください。

※稽古見学・ワークショップは事前申込制です。それぞれ対象・日時が異なりますので、よくお確かめのうえ、お申込みください。
※稽古見学:無料 /  ワークショップ:1,000円(※当日会場でお支払)

プロフィール

What's さんぴん

2015年3月、板橋駿谷、北尾亘、永島敬三、福原冠の4人のダンサー、俳優によって結成。『君の人生の断編は、誰かの人生の本編だ』という考えのもと、「土地」に着目しながら「人」を描く。その土地に滞在し、その土地の空気を吸いながら、その土地でしか生まれ得ない「物語」を伝える、オルタナティブ且つアクティブな現代版旅芸人チーム。日本各地に散らばるささやかで特別な人生の”断片”を集め”ひとつの人生”を紡ぎ出す。4年ぶりに2015年7月、東京芸術劇場アトリエイーストでの旗揚げ公演は、東京という「土地」をテーマにメンバー自らフィールドワーク、インタビューをし、作品を立ち上げる。内容のみならず、作、演出、作詞、作曲、振付、松葉杖(!)、音響・照明の操作、本番の受付、会場整理も 4人で行う独自のスタイルも話題を呼び、好評を得た。その後は東京を飛び出し、仙台、三重大学、札幌、那覇、北千住と巡業を続け、2019年には東京キャラバンin岡山にもさんぴんとして参加、そして今回さんぴん、再び三重に参上!!!!

さんぴんWEB

    板橋駿谷

    Shunya Itabashi
    劇団「ロロ」所属。映画・テレビ・舞台・CMと幅広い分野で活躍。主な出演作は【映画】『サマーフィルムにのって』、『マイスモールランド』、『異動辞令は音楽隊!』、【TV】NHK連続テレビ小説「なつぞら」、NHK大河ドラマ「青天を衝け」、【舞台】「ロビー・ヒーロー」など。特技はラップで「オイディプスREXXX」にて作詞・ラップ指導を担当し、第26回読売演劇大賞優秀スタッフ賞受賞。

      北尾亘

      Wataru Kitao
      「Baobab」主宰。振付家・ダンサー・俳優。これまでに、4カ国25都市以上で舞台に立つ。舞台、TVドラマ、CM、映画に多数振付提供。WS講師やアウトリーチ活動を展開し、ダンスの普及活動にも取り組む。尚美学園大学・桜美林大学・多摩美術大学非常勤講師。ベッシー賞「OUTSTANDING PERFORMER部門」(2020年)ノミネート、横浜ダンスコレクション2018 コンペティションⅠ「ベストダンサー賞」ほか、多数受賞。

        永島敬三


        Keizou Nagashima
        2008年、劇団「柿喰う客」に初出演、11年に正式加入する。シャープさと柔軟さを兼ね備えた演技が高く評価され、劇団内外の舞台で活躍。近年はTVドラマ・映画にも出演。主な出演作は、【舞台】『冬のライオン』、『終末のワルキューレ The STAGE of Ragnarok』、『カノン』、木ノ下歌舞伎『糸井版摂州合邦辻』、『ハムレット』、【映画】『マチネの終わりに』、【TV】WOWOW『コールドケース3~真実の扉』、EX『仮面ライダージオウ』など。

          福原冠

          Kan Fukuhara
          2014年より劇団「範宙遊泳」に加入、国内外の公演に出演している。フラットな表現と鋭利な表現を行き来する、浮遊感が魅力。DJとしても活動も。主な出演作は、【舞台】『シラノ・ド・ベルジュラック』、『バナナの花は食べられる』、『HAMLET-ハムレット-』、『グリークス』、『人類史』、
          『アンバランス』、【TV】NHKEテレ『ムジカ・ピッコリーノ』など。

            詳細情報

            日程

            8月27日(土曜日) 15時開演
            8月28日(日曜日) 15時開演
            ※両日とも 12時00分 ロビー開場 / 14時30分 受付開始
            ※12時00分よりロビーにて「さんぴんpresents★夏祭り」開催!(参加自由)
            (ロビーイベントのみ入場無料)

            上演予定時間 約100分
            料金

            整理番号付き自由席

            • 一般   2,500円
            • U22割 1,500円 (13歳~22歳)
            • 小学生以下(未就学児入場可) 無料
               ※小学生以下券の入場は大人同伴必須

            劇V.I.P.2022対象

            チケット 6月18日(土曜日)10時発売
            クレジット
            主催
            企画制作
            協力
            助成
            三重県文化会館
            さんぴん
            柿喰う客、ゴーチ・ブラザーズ、jungle、Baobab、プリッシマ
            文化庁文化芸術振興費補助金  
            (劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
            独立行政法人日本芸術文化振興会
            備考
            • 三重県のガイドラインにおける「主催のイベントの開催基準」に則って開催します。感染症対策についてはご来場前に当館HPをご確認ください。
              • 一部座席を制限して販売する可能性がございます。
            • 今後の社会情勢により、やむをえず出演者の変更、および公演を中止または延期する場合がございます。
            • U22割(22歳以下)券でご入場の際は、年齢の確認できる証明書のご提示をお願いいたします。
            • 開演後は入場を制限させていただく場合があります。ご来場は余裕をもってお早めにお願いします。

            イベントに関するお問い合わせ先

            担当部門
            三重県文化会館トップページ
            電話番号
            059-233-1122(チケットカウンター)
            所在地
            〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
            三重県総合文化センター 三重県文化会館