青年団 「眠れない夜なんてない」作・演出:平田オリザ

眠れない夜なんてない
撮影:青木司

ここで生きるのではない。ここで死んでいくんだ。

マレーシアの日本人向けリゾート地を舞台に、日本を離れて暮らす人々の生態を克明に描く。定年移住、新しい形のひきこもり、海外雄飛、日本離脱…、国際化の最先端化、新しい棄民か。
2008年初演以来、13年ぶり待望の初再演。

基本情報

開催期間

2021年2月13日(土曜日)~14日(日曜日)

チケット

12月5日(土曜日)10時発売

開催場所

三重県文化会館小ホール

会場へのアクセス

主催者

文化会館

サービス情報

みる・きく / 託児あり託児サービス英字プログラム / 託児サービスは日曜のみ

ものがたり

舞台はマレーシアの架空の日本人用保養地。
主に、定年移住をしてきた中高年の夫婦たちが暮らしている。
父と母を 2 年ぶりに訪ねてくる姉妹。
退職後の安住の地を探しに来る夫婦と、それを迎える高校時代の友人。
妙に明るい短期滞在者。
娘と二人で暮らす寂しげな初老の男。
様々な人々がここに集い、静かな時間を過ごしていく。
熱帯のジャングルの中、聖域に住む蝶のように、死を待っている日本人たち。
思い出される長い長い過去と、思いを馳せる残り少ない未来。

リゾート施設のラウンジを舞台に、そこを通り過ぎていく人々の、砂上の楼閣のような生活を淡々と映し出す。

出演者

猪俣俊明(客演) 羽場睦子(客演) 山内健司 松田弘子 たむらみずほ 秋山建一 渡辺香奈
小林 智 島田曜蔵 能島瑞穂 井上三奈子 村田牧子 井上みなみ 岩井由紀子 吉田 庸

【スタッフ】
舞台美術:杉山 至 舞台監督:中西隆雄 照明:井坂浩 衣裳:正金彩 制作:太田久美子、赤刎千久子

プロフィール

平田オリザ


撮影:青木司

1962 年東京都生まれ。劇作家、演出家。 こまばアゴラ劇場芸術総監督、劇団「青年団」主宰。 城崎国際アートセンター芸術監督、大阪大学COデザインセンター特任教授、東京藝術大学 COI 研究推進機構特任教授、四国学院大学客員教授・学長特別補佐。2021 年 4 月開学予定の兵庫 県立の国際観光芸術専門職大学(仮称・開学設置構想中)学長候補。 1982 年に劇団「青年団」 結成。「現代口語演劇理論」を提唱し、1990 年代以降の演劇に大きな影響を与える。近年は フランスを中心に各国との国際共同製作作品を多数上演している。

青年団WEBサイト

詳細情報

日程

2月13日(土曜日)18時00分開演(17時40分開場)
2月14日(日曜日)14時00分開演(13時40分開場)

上演予定時間:未定
料金

整理番号付自由席

  • 一般 3,000円
  • 25歳以下 1,500円

劇V.I.P.2020対象公演

チケット 12月5日(土曜日)10時発売
クレジット
主催
三重県文化会館
備考
  • やむをえない事情により、出演者・演目等公演内容が変更になる場合があります。ご了承ください。
  • 未就学児の入場はご遠慮ください。
  • 25歳以下券は公演当日に25歳以下の方が対象となります。入場の際は当日受付にて証明書類をご提示ください。
  • 開演後は入場を制限させていただく場合があります。ご来場は余裕をもってお早めにお願いします。
  • 駐車場が混雑いたします。当日はできるかぎり公共交通機関をご利用ください。

イベントに関するお問い合わせ先

担当部門
三重県文化会館トップページ
電話番号
059-233-1122(チケットカウンター)
所在地
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
三重県総合文化センター 三重県文化会館