ミエ・演劇ラボ2020×烏丸ストロークロックホニホニマー舎「超現代」試演会2※ホニホニマー=「ほにほにまあ 」(=本当に、まあ)伊勢弁

ホニホニマー舎「超現代」試演会2

"2025年、近未来の私たちを考える”をテーマに、1年かけて小作品を制作し、3年で長編作品を作り上げることを目指した演劇ラボ。2年目の試演会をお楽しみください。

基本情報

開催期間

2020年3月28日(土曜日)~29日(日曜日)

チケット

チケット発売中

チケット発売中

開催場所

三重県文化会館小ホール

会場へのアクセス

主催者

文化会館

サービス情報

みる・きく / 託児あり託児サービス / 託児は日曜のみ

講師

構成・演出
柳沼昭徳
演出助手
澤雅展

メンバー

市川博睦
伊藤友宏
今泉佳子
岡本拓也
久保田千尋
タニオカチアキ
成川千穂
新美くろ
濱口もも
古田圭子
松尾如美
松原秀武
森下実雪
保村美帆
梨香

現代から近未来への足がかり

 ミエ・演劇ラボ2020×烏丸ストロークロックは、2018年4月に開講。“2025年、近未来の私たちを考える”をテーマに、1年かけて小作品を制作し、3年で長編作品を作り上げることを目指しています。また、メンバー自らが作品制作に挑戦しています。
 1年目は、近未来を描くためのマイルストーンとして、現代とはどんな時代かを考え表現することに取り組みました。その成果として、現代の日常風景をベースに、現代らしさを煮詰め再構築した『超現代』試演会Ⅰを2019年3月に上演しました。
 2年目は、1年目のコンセプトを継承しつつ、いつの時代にも通じる人と社会の普遍性や、3年目の本公演のテーマである「近未来」を描くことにも取り組み始めました。今回はその成果として、1つのストーリー性のある作品『超現代』試演会Ⅱを上演します。

演劇は人の居場所になる

 ホニホニマー舎という団体名は、伊勢弁「ほにほにまあ(=本当に、まあ)」に由来します。大人たちがいたずら坊主を叱る中、おばあちゃんだけが微笑みながら「ほにほにまあ」と見守り、いつでも受け入れてくれるーそんな居場所をつくりたい、という思いから名付けました。
 さまざまな立場、価値観のメンバーが、気張らず、自然に、互いの違いを楽しみながら、出来ることからぼちぼちと作品づくりに取り組んでいます。

ホニホニマー舎Facebook

      烏丸ストロークロックについて

      1999年、柳沼昭徳らによって設立。京都を拠点に国内各地で活動を行う。社会の抱える不全とそれが及ぼす人々への影響を描く。一つの題材に対して数年をかけて短編を連作しながら、長編作品へと昇華させていくスタイルが評価され、近年は演劇ワークショップや市民参加型の創作も多く手がけている。

        詳細情報

        日程

        3月28日(土曜日) 13時/18時開演★
        3月29日(日曜日) 13時開演★
        ※受付開始は開演45分前、開場は開演30分前
        ★上演後、ホニホニマー舎メンバーとの交流会を開催します。

        上演予定時間 未定
        料金

        入場整理番号付き自由席

        • 一般 前売1,000円 当日1,200円
        • 高校生以下 前売500円 当日700円
        チケット 2月1日(土曜日)発売
        クレジット
        助成
        文化庁 
        主催
        三重県文化会館
        備考
          • 未就学児の入場はご遠慮ください。
          • 高校生以下チケットでご入場の際は、学生証の提示をお願いいたします。
          • 開演後は入場を制限させていただく場合があります。ご来場は余裕をもってお早めにお願いします。
          • 駐車場が混雑いたします。当日はできるかぎり公共交通機関をご利用ください。

        イベントに関するお問い合わせ先

        担当部門
        三重県文化会館トップページ
        電話番号
        059-233-1122(チケットカウンター)
        所在地
        〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
        三重県総合文化センター 三重県文化会館