劇団設立20周年公演第七劇場「ワーニャ伯父さん」原作:A・チェーホフ 構成・演出・美術:鳴海康平

ワーニャ伯父さん

かわいそうに、伯父さん、
幸せがどんなものかわからなかったんだよね

チェーホフ戯曲の中で
もっとも美しいとされる台詞を持つ
「ワーニャ伯父さん」。
立ち止まってしまったとき
残された時間は長くはないと気づく。
遠くにかすむ過ぎ去った時間を振り返りながら
使い古した靴で、その男はまた歩きはじめる。
乾いた足下をながめながら

MEG|第七劇場・鳴海康平さんインタビュー

ブログ|わたしたちが次の世代に残せるもの ― 第七劇場設立20周年を飾る最新作「ワーニャ伯父さん」

Mニュース|桂真菜さんによる「ワーニャ伯父さん」の魅力解説

 

関連企画「ワーニャ伯父さん」を読んでみよう!

ナビゲーター:鳴海康平(第七劇場 代表 演出家)
チェーホフの名作「ワーニャ伯父さん」を解説付きでみんなで読んでみませんか?

日時:6月9日(日曜日)16時00分~18時00分
会場:RIZ CAFE(三重県総合文化センター内)
料金:500円+ワンドリンクオーダー
申込方法:
お名前(ふりがな)、ご住所、お電話番号を明記の上、6月5日(水曜日)までに三重県文化会館または第七劇場までお申し込みください。
◎第七劇場 TEL:070-1613-7711 
                 MAIL:info@dainanagekijo.org         

基本情報

開催期間

2019年7月14日(日曜日)~15日(月曜祝日)

チケット

チケット発売中

チケット発売中

開催場所

三重県文化会館 小ホール

会場へのアクセス

主催者

文化会館

サービス情報

みる・きく / 託児あり託児サービス / 託児は日曜のみ

出演

木母千尋
小菅紘史

獅子見琵琶
藤村昇太郎
諏訪七海

牧山祐大(SPAC-静岡県舞台芸術センター)

第七劇場プロフィール

1999年演出家・鳴海康平を中心に設立。言葉の物語のみに頼らず空間や身体とともに多層的に作用する表現が評価される。内外のフェスティバルなどに招待され、これまで国内20都市、海外4ヶ国6都市(フランス・ドイツ・韓国・台湾)で作品を上演。鳴海がポーラ美術振興財団在外研修員として2012年から1年間フランス・パリで活動した後、2014年、東京から三重県津市美里町に拠点を移設。Théâtre de Bellevilleのレジデントカンパニーとなる。

劇団webサイト外部リンク

    日程

    7月14日(日曜日)14時00分開演/18時00分開演
    7月15日(月曜祝日)14時00分開演
    ※受付開始は開演の40分前、開場は20分前

    料金

    整理番号付き自由席

    • 一般 2,500円 (当日 3,000円)
    • 25歳以下 1,000円
    • 高校生以下 500円
    チケット  5月11日(土曜日)10時より発売

    劇V.I.P.2019対象

    クレジット
    主催
    三重県文化会館
    備考
    • やむをえない事情により、出演者・演目等公演内容が変更になる場合があります。
      ご了承ください。
    • 未就学児の入場はご遠慮ください。日曜公演のみ託児サービスがございます。
    • 25歳以下、18歳以下のチケットでご入場の際は、年齢のわかる証明書の提示をお願いいたします。
    • 開演後は入場を制限させていただく場合があります。余裕をもってご来場ください。
    • 駐車場が混雑いたします。当日はできるかぎり公共交通機関をご利用ください。

    イベントに関するお問い合わせ先

    担当部門
    三重県文化会館トップページ
    電話番号
    059-233-1122(チケットカウンター)
    所在地
    〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
    三重県総合文化センター 三重県文化会館