三重のまなび2017 楽楽シリーズ楽楽平家琵琶塾~諸行無常の世界~

平家琵琶

古典芸能の魅力を学ぶ、楽楽シリーズ!!今回は800年の歴史を刻む平家琵琶がテーマです。

盲目の琵琶法師が語る『平家物語』、それを平曲といいます。
800年の歴史を刻む伝統芸能ですが、現在の本格伝承者は今井検校ただ一人。
有名な「那須の与一・扇の的」の一節を解説付きのライブで演奏で、お楽しみいただきます。

【講師】 林 和利さん(名古屋女子大学教授 文学博士)
【出演】 今井検校勉さん(一般財団法人 国風音楽会会長)

【プログラム】

第一部 「平家琵琶」と「平曲」の解説 林和利さん(50分)
第二部 平曲「那須与一」 演奏 今井検校勉さん(40分)
第三部 対談(林和利さん・今井検校勉さん)(20分)

基本情報

開催期間

2018年2月28日(水曜日)
13時30分から15時30分(受付12時45分)

開催場所

三重県文化会館 小ホール

会場へのアクセス

主催者

生涯学習センター

受講料

500円

詳細情報

開催時間 13時30分(受付12時45分)
終了時間 15時30分
受講料 500円 ※当日受付にてお支払いください。
申込方法 事前申込制・先着順・全席自由  (電話・FAX・Eメール・窓口・郵送でも受付)
備考
  • 駐車場混雑が予想されますので、できるかぎり公共交通機関をご利用ください。
  • 未就学児の入場はお断りします。
  • 受講案内等は送付いたしません。
  • キャンセルされる場合は事前に連絡をお願いします。

出演者プロフィール

林先生

林 和利(はやし かずとし)さん

1952年生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士前期課程修了。専門分野は、狂言・能の研究。名古屋女子大学文学部・大学院教授。博士(文学)。おもな著書に『人間国宝 野村万作の世界』(明治書院)、『なごやと能・狂言-洗練された芸の源を探る』(風媒社)、『日本文化論序説』(青山社)、『能と狂言―生成と展開の諸相』(世界思想社)、『能・狂言の生成と展開に関する研究』(世界思想社)などがある。

今井検校勉さん

今井 検校 勉(いまい けんぎょう つとむ)さん

昭和33年生まれ。
昭和37年 4歳で司業横井みつゑ師に入門。琴、三絃、胡弓を習う。
昭和45年 12歳で三品検校正保に師事。平曲、琴、三絃を学ぶ。
昭和52年 愛知県立名古屋盲学校高等部普通科卒業。
昭和60年 土居崎検校正富に師事。平曲、琴、三絃を学ぶ。
昭和61年 国風音楽会より勾当の官を受ける。
平成4年  国風音楽会より検校の官を受ける。
平成8年  国風音楽会会長に就任。
平成11年 名古屋市芸術奨励賞を受賞。

イベントに関するお問い合わせ先

担当部門 :三重県生涯学習センター 主催事業部門トップページ
電話番号 :059-233-1151
FAX番号 :059-233-1155
E-mail :manabi-kouza@center-mie.or.jp
所在地 :〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
三重県総合文化センター 生涯学習センター棟

メールでのお問い合わせは、各事業部門のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。