二兎社公演42『ザ・空気 ver.2 誰も書いてはならぬ』作・演出/永井愛  出演/安田成美 眞島秀和 馬渕英里何 柳下大 松尾貴史

二兎社

観客を凍りつかせた『ザ・空気』に続く衝撃の問題作!
テレビ局の報道現場を通して、現代の日本を覆う奇妙な“空気”の正体に迫った 2017年の話題作『ザ・空気』。
今年の二兎社は、これをさらにバージョンアップさせた新作に挑戦します!
舞台は報道各社の政治部が入居する国会記者会館。ある出来事をめぐり、考え方も立ち位置も異なる記者たちが抜き差しならない状況に追い込まれる−−

基本情報

開催期間

2018年7月20日(金曜日)

チケット

チケット発売中

チケット発売中

開催場所

三重県文化会館 中ホール

会場へのアクセス

主催者

文化会館

サービス情報

みる・きく / 託児あり託児サービスキャンパスシート学割20

プロフィール

二兎社

1981年、大石静と永井愛の二人が設立。ともに卯年生まれであったことから、 劇団名を「二兎社(にとしゃ)」としました。それぞれのオリジナル作品を交互に 上演し、二人は役者としても出演。『カズオ』などの「早替わり二人芝居」で人気 を博しましたが、大石の退団した1991年以降は、永井の作・演出作品をプロデ ュースする演劇ユニットとして活動を続けています。
二兎社の新機軸となった「戦後生活史劇三部作」は、敗戦直後や高度成長期、学園紛争末期などの転換期に、 時代に翻弄されそうになりながらも、自らもしたたかに変化を遂げて生きていく庶民の姿を描き、「日本人」を舞台上で再発見したと高く 評価されました。それに続く新作『兄帰る』(1999)では一転して、最先端の ライフスタイルを持つ今どきの若夫婦を取り上げ、彼らの見かけと内面のギャップを浮き彫りにして観客を沸かせました。
これ以後もチェーホフを大胆にアレンジした『萩家の三姉妹』(2000)、文豪夏目漱石の作品を現代に甦らせ、 独白を多用して「自己」と「他者」の危うい関係を表現した『新・明暗』(2002)、教育現場の「日の丸・君が代問題」に果敢に切り込んだ『歌わせたい男たち』 (2005)など、自ら考える姿勢を演劇の場から発信し、観客自身を当事者にするような、「考えるエンターテインメント」としての作品を提供しています。

詳細情報

日程

7月20日(金曜日) 19時開演(18時30分開場)

上演時間 未定
料金

全席指定席

  • S席 4,500円
  • A席 3,500円

    学割20黒背景ロゴ:学生は各席20%割引
    キャンパスシートキャンパスシート対象

劇V.I.P.2018対象

チケット 4月29日(日曜日)10時発売
クレジット
主催
二兎社
三重県男女共同参画センター「フレンテみえ」
三重県文化会館
備考
  • やむをえない事情により、出演者・演目等公演内容が変更になる場合があります。ご了承ください。
  • 未就学児の入場はご遠慮ください。託児サービスがございます。
  • 学生券でご入場の際は、学生証の提示をお願いいたします。
  • 開演後は入場を制限させていただく場合があります。ご来場は余裕をもってお早めにお願いします。
  • 駐車場が混雑いたします。当日はできるかぎり公共交通機関をご利用ください。

イベントに関するお問い合わせ先

担当部門
三重県文化会館トップページ
電話番号
059-233-1122(チケットカウンター)
所在地
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
三重県総合文化センター 三重県文化会館