第七劇場「人形の家」原作:ヘンリック・イプセン 構成・演出・美術:鳴海康平

第七劇場
「Alice in Wonderland」(2015)
撮影:松原豊

2017年の第七劇場の新作はカンパニー初のイプセン戯曲に挑みます。

世界中で上演され続けるイプセンの名作「人形の家」。
人間の弱さと傲慢さに向き合う、
家族であること/家族になること/家族をすることをめぐる物語。

Alice in Wonderland"(2015年)以来となる第七劇場の新作は、カンパニー初のイプセン戯曲に挑みます。「近代演劇の父」と言われ、世界中で上演され続ける作品を数多く生み出したノルウェーの巨人、ヘンリック・イプセン。「人形の家」は彼が書いた戯曲の中でも、もっとも有名で日本とも縁が深い作品として知られています。「新劇」運動が起きた明治時代、その初期において盛んに上演された作家がイプセンでした。そして松井須磨子が女優として認められた記念碑的な役が「人形の家」の主人公ノラでした。第七劇場の俳優たちに加え、オーディションで出会う俳優とともに約140年前に書かれた戯曲を製作し、女性の解放やフェミニズム運動のはじまりにおいて語られることが多い「人形の家」という名作から現代の私たちの時代を照らし直します。2017年7月、9月の上演にどうぞご期待ください。            

第七劇場 演出家 鳴海康平

基本情報

開催期間

2017年7月16日(日曜日)~17日(月曜祝日)

チケット

チケット発売中

チケット発売中

開催場所

三重県文化会館 小ホール

会場へのアクセス

主催者

文化会館

サービス情報

みる・きく託児サービス / 7月16日(日曜日)14時の回のみ簡易託児サービスあり

詳細情報

日程

7月16日(日曜日)14時00分開演/18時00分開演
7月17日(月曜祝日)14時00分開演

※受付開始は開演の40分前、開場は20分前
※各回終了後、トークセッションあり

上演予定時間 約90分
料金

整理番号付き自由席

  • 一般 2,500円 (当日 3,000円)
  • 25歳以下 1,000円
  • 高校生以下 500円
チケット  4月8日(土曜日)10時より発売


劇V.I.P.対象

クレジット
主催
第七劇場
共催
三重県文化会館
備考
  • やむをえない事情により、出演者・演目等公演内容が変更になる場合があります。
    ご了承ください。
  • 未就学児の入場はご遠慮ください。
    ★7月16日(日曜日)14時の回のみ簡易託児サービスがあります。(無料/ご予約制)
    会場:小ホールホワイエ キッズスペース
    対象:0歳~就学前のお子様
    申込方法:「人形の家」特設サイトより、チケットご予約と一緒にお申し込みください。
    三重県文化会館にてご予約の場合は、チケットカウンター059-233-1122までお申し込みください。
  • 25歳以下のチケットでご入場の際は、年齢のわかる証明書の提示をお願いいたします。
  • 開演後は入場を制限させていただく場合があります。余裕をもってご来場ください。
  • 駐車場が混雑いたします。当日はできるかぎり公共交通機関をご利用ください。

出演

佐直由佳子
木母千尋
菊原真結
小菅紘史
伊吹卓光
三浦真樹
(以上、第七劇場)

秋葉由麻
成川ちほ

「人形の家」とは

全3幕。
1879年に発表され、コペンハーゲンのデンマーク王立劇場で上演される。
銀行の頭取になる夫と、その妻を中心とした、クリスマスから3日間の物語。

夫ヘルメルから寵愛を受ける妻ノラは、以前、病気の夫を救うために署名を偽造して借金をした。
そのことを知る、銀行を解雇されつつある男クロクスタから、ノラは脅迫を受ける。
その秘密をヘルメルが知った時の態度から、ノラは夫と自分の関係を理解し、ある決意をする。

    ヘンリック・イプセン(1828-1906)

    ノルウェー出身の劇作家・詩人。「近代演劇の父」と呼ばれる演劇史上の巨人。シェイクスピア、チューホフと並び、現在でも世界中で盛んに上演される。19世紀当時一般的だった勧善懲悪の物語や歴史上の偉人が登場する大作から離れ、個人の生活や現実の社会の課題などを題材に戯曲を執筆。

      第七劇場プロフィール

      1999年演出家・鳴海康平を中心に設立。言葉の物語のみに頼らず空間や身体とともに多層的に作用する表現が評価される。内外のフェスティバルなどに招待され、これまで国内20都市、海外4ヶ国6都市(フランス・ドイツ・韓国・台湾)で作品を上演。鳴海がポーラ美術振興財団在外研修員として2012年から1年間フランス・パリで活動した後、2014年、東京から三重県津市美里町に拠点を移設。Théâtre de Bellevilleのレジデントカンパニーとなる。

      劇団webサイト外部リンク

        イベントに関するお問い合わせ先

        担当部門
        三重県文化会館トップページ
        電話番号
        059-233-1122(チケットカウンター)
        所在地
        〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
        三重県総合文化センター 三重県文化会館