NIPPONの原点を学ぶ 三重の魅力発信セミナー (三重県生涯学習センター×皇學館大学)三重県の誕生と府県のかたち東京都日本橋 三重テラス会場

チラシ

明治新政府が取り組んだ諸改革の中でも、明治4年(1871)に断行された廃藩置県は、中央集権体制を確立して人々に大きなインパクトを与えました。廃藩置県直後、実に300以上あった府県は、約20年間のめまぐるしい統廃合や再設置を経て、現47都道府県の原型が出来あがります。
その中で今の三重県は明治9年に誕生しました。このかたちが作られるまでの紆余曲折をたどりながら、府県のかたちのこれからについても、考えていければと思います。

基本情報

開催期間

2018年10月12日(金曜日)

申し込み・受付期間

申し込み終了

終了しました。

開催場所

三重テラス (東京都中央区日本橋室町2-4-1 浮世小路千疋屋ビル「YUITO ANNEX」2F)

会場へのアクセス

主催者

三重県生涯学習センター・皇學館大学

サービス情報

入場無料 / みる・きく

詳細情報

開催時間

19時00分開講 (18時30分開場・受付開始)

終了時間 20時30分予定

会場

東京都中央区日本橋の「三重テラス」(東京都中央区日本橋室町2-4-1 浮世小路千疋屋ビル「YUITO ANNEX」2F)で実施します。

注意会場は三重県生涯学習センターではありません。

「三重テラス」ホームページへのリンク(外部リンク)外部リンク



講師

皇學館大学 文学部 国史学科 准教授 谷口 裕信 さん

昭和50年島根県生まれ。
平成18年東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了、博士(文学)。
皇學館大学文学部国史学科准教授。専門は日本近代史、地方行政史。
主な著書・論文に、『変容する聖地 伊勢』(共著、思文閣出版)、『日記に読む近代日本2』(共著、吉川弘文館)、「明治中後期における郡制廃止論の形成」(『史学雑誌113-1)などがある。

料金 無料


申込方法

事前申込制・先着順

電話・FAX・Eメール・ホームページ・郵送・生涯学習センター窓口にて、講座名・参加される方全員のお名前(ふりがな)・電話番号をお知らせください。

申込受付

2018年8月2 日(木曜日)から受付開始

備  考
  • お申込みの際は講座名、お名前(ふりがな)、電話番号を明記してください。

  • 受講ハガキ等は送付しません。
  • キャンセルの場合は、ご連絡をお願いいたします。
  • 未就学児の入場はご遠慮ください。
  • 講座内容・日時など、講師の都合などにより予告なく変更したり、やむをえず中止することがありますのでご了承ください。

イベントに関するお問い合わせ先

担当部門 :三重県生涯学習センター 主催事業部門トップページ
電話番号 :059-233-1151
FAX番号 :059-233-1155
E-mail :manabi-kouza@center-mie.or.jp
所在地 :〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234
三重県総合文化センター 生涯学習センター棟

メールでのお問い合わせは、各事業部門のお問い合わせフォームよりお問い合わせください。