伊勢型紙伝承者養成講座

國から伝統の継承を図るべき「わざ(伝統的な工芸技術)」として指定されている、「重要無形文化財 伊勢型紙」の保存・伝承に向けて、伝承者養成講座の新規研修生を募集します。※伝承者養成講座は文化庁・三重県・鈴鹿市による補助を受け、伊勢型紙保存会が実施している事業です。
内容:道具彫、縞彫、糸入れの技術習得  指導者:重要無形文化財保持団体 伊勢型紙技術保存会会員

基本情報

開催期間

2019年6月9日(日曜日)~7月19日(金曜日)

開催場所

主催者

サービス情報

入場無料 / 参加・体験

詳細情報

対象 次のすべてに該当する方 ・伊勢型紙の伝統的彫刻技法を完全に習得し、重要無形文化財保持者(人間国宝)や重要無形文化財保持団体会員を目指す意気込みのある方 ・35歳ぐらいまでで、年間70回程度伊勢型紙資料館で実施される伝承者養成講座(平日含む)を継続して受講できる方 ・現在市内在住で、将来も市内在住を見込める方
定員 各技法若干名
申込方法 7月19日(金曜日)(必着)までに、履歴書を直接または郵送で伊勢型紙保存会事務局(鈴鹿市文化財課内 〒510-8701 住所不要)へ
備考 ※選考会:申込者に後日連絡します。

イベントに関するお問い合わせ先

名称 :鈴鹿市文化財課
郵便番号・住所 :〒510-8701 住所不要(鈴鹿市文化財課内 伊勢型紙技術保存会事務局)
電話番号 :059-382-9031
FAX番号 :059-382-9071