りょうがん所長のつぶやき

大切なもの

平和な時が今、ざわついています。自分は、新聞のスポーツ欄をみたりすると、なんだか
心が落ち着きます。プロ野球も佳境に入り、某トラのチームが気になってしまう自分が
います。そんなときに、こんな切ない話を聞かされました。そこに語られているものは、
貧しい中にも、大切なものがあるということ。
幼い頃にお父さんが亡くなり、お母さんは再婚せずにこの人を育ててくれた、そんな方の
お話です。

『学もなく、技術もなかった母は、個人商店の手伝いみたいな仕事で生計を立てていた。
それでも当時住んでいた土地は、まだ人情が残っていたので、何とか母子二人で質素に
暮らしていけた。娯楽する余裕なんて無く、日曜日は、母の手作りの弁当を持って、
近所の河原とかに遊びに行っていた。給料をもらった次の日曜日には、クリームパンと
コーラを買ってくれた。
ある日、母が勤め先からプロ野球のチケットを2枚もらってきた。僕は生まれて初めての
プロ野球観戦に興奮し、母はいつもより少しだけ豪華な弁当を作ってくれた。
野球場に着き、チケットを見せて入ろうとすると、係員に止められた。母がもらったのは
招待券ではなく優待券だった・・・
チケット売り場で一人1000円ずつ払ってチケットを買わなければいけないといわれ、
帰りの電車賃くらいしか持っていなかった僕たちは、外で弁当を食べて帰った。
電車の中で無言の母に「楽しかったよ」と言ったら、母は「母ちゃん、馬鹿でごめんね」
と言って涙をこぼした。
自分は母につらい思いをさせた貧乏がとことん嫌になって、一生懸命に勉強した。
新聞奨学生として大学まで進み、いっぱしの社会人になった。結婚もして、母に孫を
みせてやることもできた。そんな母が去年の暮れに亡くなった。
死ぬ前に一度だけ目を覚まし、思い出したように「野球、ごめんね」と言った。僕は
「楽しかったよ」と言おうとしたが、最後まで声にならず、ただただ流れる涙をしゃくり
あげながら、なんども言おうとした言葉がでなかった。
あの時、帰りの電車の中で母に抱かれ、寄り添って電車の窓の外の遠くでライトに輝く
野球場を二人でみつめたことがよみがえり「しあわせだったよ。母さん」となんども心の
中で、母に言った。「何も無かったけど、幸せだったよ・・」と母に会えるなら言いたい。
母の「野球、ごめんね」の最後の言葉が頭と心から離れない・・・』

幸せは、どんな時も、そっとそばに隠れていて、自分を支え、見つめていてくれる気がして
ならない・・。大切なものが、そこにいてくれると・・・。
大切なもの・・それは、学ぶことかもしれません。学ぶことは、さみしさや貧しさから
心豊かにしてくれると思うのです。ひとりでも、どんなときも、学びは、そっとそばで
いてくれます。それが、父や母のように・・。大切なものが学ぶことに隠れている気が
するのです。そして、そこにささやかな幸せが待ってくれていると思うのです。

           万謝 三重県生涯学習センター 所長 長島りょうがん(洋)

時という名の風が吹いてるよ・・・

昭和の時代を駆け抜けてきた自分や社会を振り返るとき、いつもいつも、からっぽだった
からこそ、なんでも吸収し、どんなことにも幸せを感じることができたような気がする。
今、心をからっぽにしてみると、案外しあわせかも・・。
幼いころ、とにかく何かを食べたかった気がする。学校帰りには、野の花を食べ、川の
土手にあったグミをほおばり、山に行ってはヤマモモを食べ、なんでも汚い手で、
口に入れていた気がする。そして、ささやかなしあわせが・・。

              「那智黒あめ」
母は風邪をひくと、いつもやさしかった。だから、冬でも川で泳いだりして、風邪を
わざとひき、りんごの汁や、バナナなどをもらっていて、心のなかで「しめしめ!」
そうつぶやいていました。特に那智黒あめを、ひとつもらうのが嬉しくてうれしくて
今でも、那智黒あめを見ると、なんだかうれしい気になるのです。ただ、ひとつだけ
なので、たくさん食べたいというのは少年の想いで、ある日学校から帰るとだれも
いません。 
「よーし!ひとつ食べたろ」そう思い仏壇の引き出しをあけると、そこに煌びやかな
那智黒あめの袋が!中をのぞくと、あるわあるわ!ときめきの中で、ひとつとると、
賞味期限切れなんだろう‥ベトベトになっていて、5個ひとかたまりで出てきたので
す。それを口に入れた時のしあわせ、今も忘れることができないのです。
しあわせ絶頂のそのとき、母が帰ってきました。
「なんぞ、においがする!ひろし!那智黒あめ、勝手に食べたやろ!?」「ごめん、
おかあちゃん!」「わかったわ!それで、いくつ食べたんや?」「ひとつ・・・」
母は黙って那智黒あめの袋をのぞき込み、「五個たべたやろ!」「おかあちゃんなん
でわかったん?」「あほか!毎日かぞえとるんじゃ!兄ちゃんも姉ちゃんも食べたい
のにお前だけ、ええ思いして、でてけ!自分のことしか考えんやつはうちの子とちがう!
出てけ!」 今では、児童虐待で即通告!だけど、家から放り出され泣きながら、
いつもの建具屋のじいさんのところへ行くと
「あほのひろし!今日はどうした?」「じいちゃん、那智黒あめ いっぱい食べたいけど、
どうしたらええの?」すると、「簡単や、浜へ行け!浜にようけ那智黒あめが落ちとる!
それを食べてみ!?」というのです。
熊野の浜は砂利浜で、まあるい那智黒石が、いっぱいあるのです。
浜で黒い石をポケットにいっぱい入れて、学校へ・・。授業中ほおばる。埃の味と石の感触。
それをみたアホ友が「ひろし、何か食べとるやろ?」「おう!那智黒あめじゃ!」
「くれ!くれ!何でも言うこと聞くからよう!」アホ友は速攻で、でかい石を口の中へ。
その時です。担任の先生がアホ友に「こらあ!なんか食べとるやろ!」
その瞬間、友の口のでかい石は口の中から腹に・・。
あれから、あの石はどこへいったんだろうか?今も60になった同窓会でその話に
なるのです。でも、最後には「たのしかったなあ!」でしめくくられるのです。
しあわせがどこにでも、そっと転がっていました。

              「ソフトチョコレート」
30円もするチューブにはいったチョコがありました。超贅沢なお菓子。10円を
3日ためて、駄菓子屋へ。おいしいものはすぐになくなるのです。「あ~あ」
つぶやきの中でハサミで切って、裏返してねぶる。(なめる)
それでもなくなり、鼻に貼り付けて学校へ。図画工作の時間・・、茶色の絵の具が
どう考えてもソフトチョコレートにしか見えないのです。しかも「ちゃいろ」と
書いてあるのに、「ちょこれーと」としか見えない。授業中食べてみる。すると
超にがい、しょっぱい、まずい!あまりのまずさに、げぇーと吐いたらほっぺに
絵の具がつく。
(アホ友)「ひろし、またなんか食べとるやろ?」
(ひろし)「おう!チョコレートじゃ!」
「おれも食べよ!」そう言って茶色の絵の具を吸い込むアホ友。
そのあと友は、保健室から帰ってこなかった。
でも、たのしかったし、なんだかしあわせな空気が包んでくれていた。

             「転がっていたんだよ・・・」
風のように、時は転がりながら、吹いてゆきました。その転がる風のなかで、貧しかった
けど、しあわせがあったし、からっぽだったからこそ、なんでも新鮮に、そして
いっぱいやさしさを感じることができた気がします。 
なんでもある時代だからこそ、今、想う。
「心をからっぽにしたとき、そう!愛が、しあわせがそっとそばで転がってるんだよ・・・」って時という名の風が、ささやかな声で教えてくれている・・・。
そんな気がします。

           万謝 三重県生涯学習センター 所長 長島りょうがん(洋)

このページの先頭へ

メニュー