そうぶんの竹で、オーストラリアの楽器ディジュリドゥを作ろう!

そうぶんの竹でオーストラリアの楽器 ディジュリドゥを作ろう!

「ディジュリドゥ」とは、オーストラリアの先住民族アボリジニが何万年も前から儀式で演奏しているユーカリでできた筒状の楽器です。リコーダーのような指穴などがないのに音の高低や色んな音色が出せる不思議な楽器です。
今回のワークショップでは、長さ110センチから120センチ、太さ4センチくらいに切り出したそうぶんの竹に焼き目をつけたり、マジックで絵や柄をつけて「自分だけのディジュリドゥ」を作ります。
また、演奏方法を教わって、みんなで合奏する体験も予定しています。
他民族の文化を知る機会として、ぜひご参加ください。
※このイベントは、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を講じたうえで実施します。

事前申込制(申込者多数の場合は抽選)

基本情報

開催期間

2022年10月1日(土曜日)

開催場所

三重県総合文化センター 多目的ホール

会場へのアクセス

主催者

三重県総合文化センター 総務部 企画広報係

サービス情報

参加・体験 / 子ども向け

詳細情報

対 象 小学1年生から6年生まで
定 員 各回20名
時 間 (1)10時00分 (2)13時30分 所要時間2時間程度
参加費 無料
ご注意 火を取り扱うため、参加者1名につき保護者1名の付き添いが必要です。

お申込方法

申込締切 2022年9月4日(日曜日)
お申込方法

事前申込制(抽選)
※結果はお申込者全員にお知らせします。

お申込内容

お名前(ふりがな) / 学年/希望時間の順位 /郵便番号 / ご住所 / お電話番号/保護者氏名(ふりがな)

お申込先

三重県総合文化センター 総務部 企画広報係
電話:059-233-1105
FAX:059-233-1106
Eメール:soumu@center-mie.or.jp
受付時間:9時00分から19時00分まで(月曜休館)

ディジュリドゥってどんな楽器?

ディジュリドゥ写真

オーストラリアの先住民族アボリジニが儀式で何万年も前から演奏している、ユーカリでできた筒状の楽器。シロアリが中心部を食べることでできる楽器で、指穴等はなく、吹口に唇を当てて「循環呼吸」という独特な呼吸法で演奏します。身体の芯まで響く超低音や、吹きながら声を出して動物の声を真似たり、高いラッパのような音を出したりできます。とても単純な構造ですが、色々な音が絡み合い、とても複雑な音色の楽器です。

講師:倍音人Road(ばいおんびと ろーど) さん

倍音人Roadさん

<プロフィール>
ディジュリドゥ・口琴・ガンクドラム・ハンドパン・レク等の倍音楽演奏家。人力テクノから体の芯に響く気持ち良い音まで変幻自在。
2007年から日本中で倍音を響かせている。ハンドパンメーカー「Sonobe handpan」エンドーサー。
2019年からは演奏曲が「そうぶんの竹あかり」会場でBGMとして流れ、竹あかりと共に癒しの空間を作り上げる。2021年に竹あかり会場で生演奏を披露。

イベントに関するお問い合わせ先

名称 :三重県総合文化センター 総務部 企画広報係
電話番号 :059-233-1105
FAX番号 :059-233-1106
メールアドレス :soumu@center-mie.or.jp