アソボ・マナボ・タノシソウブン思い出がいっぱいのガーランドをつくろう!

(C)tamaki nao

お気に入りだった服のボタンや、とれてしまったマスコット、リボン、はぎれなどを貼りあわせて、思い出がいっぱいつまったガーランドをつくろう!できあがった作品は、夏休みの間そうぶんに飾るよ! 

ガーランド作りを教えてくれるのは、田槙奈緒さん。田槙さんが作ったガーランドには、昔つくったあみぐるみや、絵がかざられています。


ガーランドのみほん

基本情報

開催期間

2022年8月4日(木曜日)

申し込み・受付期間

申し込み受付中

申込締切:2022年7月18日(月曜・祝日)

開催場所

第2ギャラリー

主催者

三重県総合文化センター

サービス情報

入場無料 / 参加・体験 / 子ども向け

詳細情報

開催時間 1回目10時から12時まで 2回目14時から16時まで
料金 無料
定員 各回20名(申込多数の場合は抽選)
対象 小学生(保護者の同伴は可能です)
参加方法 申込フォーム(電話、窓口、ファクスでも受付ます)
作品展示 作品は、エントランス上の廊下にて8月24日(水曜日)まで展示します。25日以降返却します。
備考
  • 抽選結果は全員にお知らせします
  • ハサミやかざり等、持ち物があります
  • ボンドで接着する予定ですが、お裁縫ができる方は、ぬいつけでもかまいません。裁縫道具は各自でご準備ください
  • 駐車場混雑が予想されますのでできるだけ公共交通機関をご利用ください

申込

先生

田槙奈緒 Nao Tamaki

三重県伊賀市在住。素材や技法など様々な表現でのイラストレーションを制作。商品パッケージのイラストやロゴ、店舗の壁や、イベントで窓に絵を描くことも。絵画と造形のアトリエを開き、自身の作品展は地元や関西などで毎年開催。

Instagram:nikka.pokka.70(外部リンク)外部リンク

ガーランドづくりのアイデア

田槙奈緒さんとガーランドづくりの試作をしました。その中から、ガーランドづくりに使えそうなアイデアを紹介します。

  • アイデア
    メインがあるとつくりやすい!

    ブローチ、写真、ワッペンなど、ガーランドのメインになるものを「どん」と一つ置いてみると、あとは、メインにあう飾りをまわりに置いていけば、いい感じ!
    三角にカットしたフェルトのきれはしだって色んな形にカットしてかざりに使えるよ。

  • アイデア
    はぎれを細かくきってはったり

    デザインは好きだけど小さくなった服やよごれたハンカチも、細かく切ったら飾りとしてよみがえります。友だちと交換したお気に入りのシールをはるのもあり!おじいちゃんの渋めのボタンもいいアクセントに。家の中にはそんなお宝アイテムがいっぱいあるかも!

  • アイデア
    家族の思い出がまざっていたり

    5枚つくれるガーランド、そのうちの一枚にお父さんやお母さんの思い出がまざっているのもおもしろいかも。昔好きだったアイドルをイメージして・・・そんな「思い出がいっぱい」もおもしろいね。

ガーランドの見本
にぎやかにできました
イメージ
かるみーのガーランド

イベントに関するお問い合わせ先

名称 :三重県総合文化センター 総務部 企画広報係
電話番号 :059-233-1105
ファクス :059-233-1106
メールアドレス :soumu@center-mie.or.jp