いろんなアーティストと アーティストになってみよう【受付終了】透明フィルムに 昔の道具を見て描いて、たくさん発見しよう!画家 池口友理

池口友理さん
池口友理さん

毎年大好評!
今年も博物館の展示室で絵をかく特別な体験ができるよ!
お絵かきが苦手な子も好きな子もみんなが参加したくなる!
いろんなアーティストとアーティストになってみよう


画家 池口友理
三重県総合博物館(MieMu)の「くらしの道具~いま・むかし~」展を見ながら絵を描くプログラムです!

共催:三重県総合博物館

基本情報

開催期間

2019年2月3日(日曜日)
13時30分から15時まで

申し込み・受付期間

申し込み終了

申込受付終了

開催場所

三重県総合博物館

会場へのアクセス

主催者

三重県総合文化センター

三重県総合文化センター

サービス情報

入場無料 / 参加・体験 / 子ども向け

詳細情報

開催時間

13時30分から15時00分まで

対象 小学生
定員 20名
料金 無料
参加方法

要事前申込 

2018年12月1日(土曜日)から2019年1月14日(月曜祝日)までの期間に、下記申込事項をお電話、Eメール、三重県総合文化センター窓口にてお知らせください。応募多数の場合は抽選となります。抽選結果は郵送でお知らせします。

【申込事項】
①参加希望プログラムの作家名
②子どものお名前(ふりがな)
③学年
④郵便番号・住所
⑤電話番号
⑥保護者のお名前

持ち物 汚れてもよい服装、飲み物 など
ご参加にあたって
  • 小学生は子どものみのご参加となります。
  • 汚れてもよい服装でお越しください。
  • 展示室内での飲食はできません。

アーティストについて

アーティストプロフィール

池口友理

池口友理    Yuri Ikeguchi

1985年三重県生まれ、奈良市在住。京都工芸繊維大学出身。
2009年第13回文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員会推薦作品、2013年マクドナルドBIG MAC AWARD ART CONTESTグランプリを受賞。2013年より毎年、神戸で個展を開催している他、カメラ付き携帯で撮影された写真をメールで送ってもらい、それを見て描いた絵をスキャンして返送するpicture photo project「Pikeguchi」を行っている。

池口友理さんの活動

池口さんの作品
 

絵を描いています。
特に「見て描くこと」はおもしろいと感じています。
完璧に見て描こうしても、完璧にはできません。
そのことが、とてもおもしろいと感じています。
そして、「実物より絵の方が、魅力的になること」が絵のおもしろさだと思っています。

イベントに関するお問い合わせ先

名称 :三重県総合文化センター 総務部 企画広報係
電話番号 :059-233-1105
メールアドレス :soumu@center-mie.or.jp