「そうぶんの竹あかり」関連企画【受付終了】川渕皓平さんと竹あかりを作ろう

竹あかりWS

昨年大好評だった「そうぶんの竹あかり」。川渕皓平さんが制作した竹あかりのあたたかな光と色づいた紅葉がフレンテみえ裏の日本庭園を幻想的な世界に創り上げ、たくさんの方にご来場いただきました。
多くの方から「来年もやって欲しい」「自分も竹あかりを作ってみたい」というご要望をいただき、「そうぶんの竹あかり」に加えて竹あかりづくりのワークショップを実施することになりました。
自分で作った竹あかりを自宅で眺める気分は格別です。
ぜひご参加ください。
事前申込制(申込みは締め切りました。)

基本情報

開催期間

2018年9月30日(日曜日)

開催場所

三重県男女共同参画センター(フレンテみえ)1階 生活工房

会場へのアクセス

主催者

三重県総合文化センター 総務部 企画広報係

サービス情報

参加・体験 / 子ども向け

詳細情報

子ども対象:「そうぶんの竹あかり」で展示する合同作品を作ろう!

お持ち帰り用の「ミニ竹あかり」も作るよ。

対 象 小学1年生から6年生まで
定 員 各回15名
時 間 ①10:30 ②13時00分 所要時間は1時間程度です。
材料費 500円(お持ち帰り用は表面加工をしていない竹を使用します。)
当日、受付時に現金でお支払いください。なお、電球やろうそくなどは含まれておりません。
ご注意 電動工具を使用するため、参加者1名につき保護者1名の付き添いが必要です。
  • 子どもの作品
    表面加工をしていない竹
  •  
  •  

一般対象:ワンランク上の竹あかり作りに挑戦!

「煤竹(すすたけ)」または「むき竹」のどちらかお好みの竹をお選びいただけます。

対 象 中学生以上
定 員 15名
時 間 15時00分 所要時間は1時間程度です。
材料費 煤竹 2,000円(表面がいぶしてあり、スタイリッシュな印象の竹です。)
むき竹 4,000円(表面を5mmほど削ってある優しい印象の竹です。)
当日、受付時に現金でお支払いください。なお、電球やろうそくなどは含まれておりません。
ご注意 どちらを選んでも抽選には影響しません。
  • 煤竹
    煤竹(すすたけ)
  • むき竹
    むき竹
  •  

お申込方法

申込締切 2018年8月30日(木曜日)
お申込方法 事前申込制(抽選)
お電話、FAX、Eメールでお申込いただくか、申込書を総合案内所にご提出ください。
※結果はお申込者全員に郵送でお知らせします。

お申込内容

お名前(ふりがな) / 郵便番号 / ご住所 / お電話番号
子ども対象をご希望の方:希望準備の順位 / 学年 / 保護者名(ふりがな)
一般対象をご希望の方:ご希望の竹(煤竹 または むき竹) / 年齢

お申込先

三重県総合文化センター 総務部 企画広報係
電話:059-233-1105
FAX:059-233-1106
Eメール:soumu@center-mie.or.jp
受付時間:9時00分から19時00分まで(月曜休館)

講師

竹あかり作家・演出家 川渕 皓平 さん

川渕皓平さん

<プロフィール>
1985年奈良県生まれ。三重県伊賀市在住。canaarea代表。
2016年三重県内で開催された5月の「伊勢志摩サミット」、9月の「みえレインボーフェスタ」、11月の「海女サミット」で会場を彩った“竹あかり”の制作・演出に関わる。
2017年6月に伊勢市で開催した伊勢志摩サミット1周年記念イベント「わわわっしょい!in伊勢志摩」の実行委員長を務め、灯り制作指導・総合演出も手がけた。
昨夏に実施した「M祭!2017 キッズ・アート・フェスティバル」で子どもたちと一緒に竹あかり作品を制作し、11月に実施した「そうぶんの竹あかり」でも展示。
同年12月から台湾・台東県内に滞在して芸術交流を行う台東県政府文化処主催の日台芸術家交流事業」として、書道家 伊藤 潤一と共に台東県にて芸術交流活動を行った。
2018年9月30日(日曜日)に総合文化センターで子ども対象・一般対象のワークショップを実施し、子どもたちと一緒に制作した作品を「そうぶんの竹あかり」で展示する。

【予告】そうぶんの竹あかり

2018年11月15日(木曜日)から12月2日(日曜日)まで

月曜休館
入場無料/雨天決行

2017竹あかりの様子
2017年の様子(©兪 映香)

イベントに関するお問い合わせ先

名称 :三重県総合文化センター 総務部 企画広報係
電話番号 :059-233-1105
FAX番号 :059-233-1106
メールアドレス :soumu@center-mie.or.jp