【プレスリリース】老いのプレーパークがイギリスとの国際共同企画に出演!

お知らせ

朝日新聞「フロントランナー」で一面を飾るなど、近年【演劇×介護・老い】の取り組みで大注目の菅原直樹さん(俳優・介護 福祉士)。2021 年には、イギリスの高齢者団体「Entelechy Arts」とコヴェントリー市内で『Theatre of Wandering』(徘徊演劇 『よみちにひはくれない コヴェントリーバージョン』)を上演しました。 そんな菅原さんとイギリスとの共同製作第二弾に、なんと三重県内のシニアや介護関係者による劇団「老いのプレーパーク」 の出演が決定! 今回の共同製作では、イギリスと日本それぞれで、“高齢者の引っ越し”をテーマに短編演劇を制作・発表します。更に、後日 互いの作品を映像鑑賞し、両国の高齢者を取り巻く環境について、意見交換を行う予定です。 日本側の作品は、三重県総合文化センター内の実際のフリーマーケット会場に“出店 ”し、描かれる複数の短編劇集。観客 は 3 つの出店ブースを周りながら、出品された品々と高齢者たちの語りを通じて、老いの深みや楽しみ、そして現代社会と老い の関係に思いを巡らせることになるでしょう。 三重からはじまる、国際的なプロジェクトにどうぞご期待ください。